アトピスマイル ヒルドイド 比較

アトピスマイルとヒルドイドの比較

 

 

ヒルドイドは、「ヘパリン類似物質」が有効成分です。

 

この「ヘパリン類似物質」とは、人間の肝臓でも作られる成分で、保湿以外にも

 

  • 血行・皮膚の新陳代謝を促進し傷跡を修復する効果
  • 角質内の水分を保持して肌を柔らかくする働き

 

があります!

 

 

ヒルドイドとは、皮膚科で処方される保湿クリームで万能の保湿クリームと思われがちですが、使用する時には注意点があります。

 

ヒルドイドの使用上の注意点

  • 血管の拡張作用があるので、肌が炎症を起こしてしまっている部分に塗ると痒みが出てしまうことがあります。
  •  

  • 血液を固まりにくくする作用があるため、掻きむしり出血してる部分や、ジュクジュクした傷がある部分に塗ると悪化してしまう可能性があります。

 

特にヒルドイドの使用で注意が必要なのは、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎への使用です!

 

ヒルドイドの副作用の報告は全体では1%未満ですが、アトピー性皮膚炎の乳児には「ヘパリン類似物質」の効果が強くでてしまい、痒み・炎症の悪化が起こってしまうことがよくあります。

 

 

アトピスマイルにはセラミド生成機能の回復が期待できます!

 

 

アトピスマイルは、アトピー性皮膚炎のケアの為に開発されたクリームなので、安全性が高いと言われているヒルドイドより更に高い安全性です。

 

有効成分の「ライスパワーNO.11」は、皮膚表面の細胞と細胞の隙間を埋める成分で知られているセラミド(細胞間脂質)を自分で作り出す機能を改善する作用があります。

 

「ライスパワーNO.11」は医薬部外品として日本で唯一、肌が本来持つ水分保持機能を改善すると認められた成分です。

 

 

アトピー性皮膚炎でお悩みの方には、アトピスマイルクリームがおすすめです!